アルバイト塾講師の仕事の流れ、休み、給料など

塾講師の仕事

塾講師のアルバイトをやってみたいけど、どんな業務があるのかな?忙しいのかな?

大学生や主婦の方などは、学業や家事と両立できるか心配、という方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、私がアルバイトで働いていた塾での働き方についてお話しします。

 

 

アルバイト塾講師の仕事の流れ

私がアルバイトで働いていた塾は、小学生の授業が17時から2コマ、中学生の授業が18時50分から3コマでした。

自分の担当授業の30分前に出勤。

 

アルバイトは大学生さんが圧倒的に多いのですが、自分の大学の授業があるので、ほとんどの人が中学生の授業から。

私は当時わけあってフリーターでしたので、小学生の授業の時間に出勤できるアルバイトとして重宝されました(笑)

 

下記のタイムスケジュールは、平日・小学生の授業を担当する場合です。

中学生からの場合は18時40分に出勤することになります。

また、私は小学生の授業しかない曜日もありましたので、早めに退勤する日もありました。

 

16:30 出勤、簡単に打ち合わせ

16:45 小学生の出迎え

17:00 小学生の授業

18:30 小学生の授業終了

小学生の見送り、中学生の出迎え

18:50 中学生の授業

21:30 中学生の授業終了

中学生の見送り、教室の片付け

反省会、連絡事項の伝達

報告書や日報の記入

22:00 退勤

 

土日の時間割は塾によります。

私が正社員で働いていた塾では土日は中学生のみでしたが、アルバイトしていた塾は14時から中学受験する小学生向けの授業を行っていました。

いずれにしろ、中学生は部活動があるので授業は夕方~夜という場合が多いと思います。

最終退勤時間は土日でも同じです。

 

基本的に最終退勤時間以降に残業することはありません。

ただし、たまーに会議や研修で22時半までヨロシクという日もありました。

 

 

空きコマの時間にすること

小学生の2コマ、中学生の3コマの全てに自分の担当授業があるとは限りません。

では、空いている時間には何をするのでしょうか。

 

①自習室の監督、自習している生徒の質問に答える

自習室で無駄話や居眠りをしている生徒がいたら注意し、良好な環境を保ちます。

また、生徒の質問には対応できる限り答えるようにします。

(自分の担当教科以外の答えられない質問が来た場合は、断って他の講師に振ってOKです。散々考えた末に「やっぱりできなかった」が最悪なので)

 

②保護者への電話

社員から頼まれて、自分が担当している生徒の保護者に電話をすることがあります。

また、自分から電話したい用件があれば相談してみてもOKだと思います(無断はNG)。

 

③生徒の成績などを調べる

担当している生徒の過去の試験成績、家庭状況などは、できる限り把握しておく必要があります。

授業の空きがあったら、積極的に生徒情報をインプットしていきましょう。

 

生徒や保護者から見たら、社員でもアルバイトでも「先生」です。

生徒の出迎えや見送りをしているときに、保護者から声をかけられて学習相談を持ちかけられることもあり得ます。

「先生、うちの子どうしたら良いと思います?」と聞かれて何も答えられなくては困りますからね。

 

④(定期テスト前)対策プリント作成

中学生の定期テスト前には、各学校のテスト範囲に合わせて教科ごとに対策プリントを作成します。

といっても、アルバイトの時間内でゼロから作ることはできません。

そのため、塾で用意している問題集のテスト範囲の部分を印刷して使っていました。

それでも在籍している生徒の中学校ごとに、そして人数分印刷するのは、なかなか時間のかかる作業です。

 

⑤他の講師の授業を覗き見

自分より授業が上手な講師のスキルはどんどん盗みましょう。

授業が上手な講師に質問したり相談したりするのも大切ですが、実際の授業を生徒の反応なども含めて見学していると、別の気付きが得られると思います。

自分自身の課題を意識しながら見ると、非常に勉強になりますよ。

 

⑥その他、社員から頼まれた業務

新学年の教材をクラスごとに分けておく、倉庫の整理をする、などいろいろなことを頼まれると思います。

 

⑦空きコマにやるべきではないこと

日頃忙しいと、つい空きコマにやりたくなってしまうこと…それは授業の準備。

 

例えば、その日の授業が1コマ目と3コマ目だとします。

2コマ目が空いているから、3コマ目の授業準備は空きコマでやろう。

そう考えて1コマ目の準備しかせずに出勤したら、2コマ目に自習中の生徒が何人も質問に来て、3コマ目の準備ができなかった…なんてことになるかもしれません。

 

準備ができていなくても授業の時間はやってきますから、付け焼き刃でどうにか適当に乗り切るような形になってしまいます。

そんな授業が生徒のためになるはずがありません。

 

基本的には、授業準備はアルバイトの時間外でやるものです。

高い時給には、それが含まれていると考えましょう。

 

 

アルバイト塾講師の時給は?どのくらい働く?休みは取れる?

塾講師のアルバイトは時給が高いけれども、どのくらい稼げるのか?

また、「授業準備はアルバイトの時間外でやるもの」と書きましたが、塾のバイトのせいで忙しくなりすぎて、学業やサークル活動、家事に支障をきたすのは困りますよね。

 

塾のアルバイトの時給は、個人指導か集団指導かによって異なります。

私が働いていた塾は集団指導だったので、授業1コマ2200円、授業以外の拘束時間は1時間800円でした。

(私は経験者だったため2350円)

個人指導の塾は1コマ1600円前後でしょうか。

授業以外の時間は給料が出ない塾もあります。

 

大学生や主婦など、親や配偶者の扶養に入っている方は、その範囲内で働くため週2日勤務の人が多かったです。

中学生3コマ×2日=週6コマですね。

それだけでは扶養の範囲を超えることはありませんが、夏休みなどの講習期間は普段より授業が増えるため、そのくらいが限界のようです。

言い換えると、年間100万円くらいは週2勤務+季節講習で稼げるということになります。

 

さて、週2勤務はアルバイトとしては多い方ではありませんが、担当授業が決まっているので基本的には曜日と時間は固定になります。

今週は水金、20時で上がります~ということはできません。

あまり柔軟な働き方はできませんが、アルバイト以外の予定が立てやすいともいえますね。

 

とはいえ、イレギュラーの休みが全く許されないわけではありません。

大学のテスト期間や実習、家族の用事など、事情があれば休みを取ることができます。

その場合は、自分の担当授業を他の人が代理ですることになります。

代理で授業ができる人員を探して手配してもらう必要がありますので、病欠以外は早めに社員さんに連絡しましょう。

もちろん、自分が誰かの代理授業を依頼されることもあります。

 

講習期間の一日の流れは、「正社員塾講師の一日の流れ、年間休日、働き方など(1)」に書きました。

ただし、アルバイトは社員と違って一日中(8時~22時くらい)ずっと塾にいなければならないわけではありません。

細かい決まりは塾によりますが、私がアルバイトした塾では普段と同様に担当授業の30分前出勤、途中の空きコマは先述のような業務、その日の担当授業が全て終わったら退勤という勤務体系になっていました。

 

また、12月30日~1月2日頃の年末年始に受験生向け特別講習を行う塾もあります。

受験生でも年末年始くらいはゆっくりしたい…と生徒たちは言いたいところですが、もう入試直前の時期ですからね。

学習効果はもちろんのこと、「お正月返上で頑張った!」ということが生徒の自信に繋がります。

(さすがに丸一日はやりません。また、お盆に受験生向け講習を行う塾もあります)

年末年始に出勤する場合は、時給プラスで手当てがもらえることが多いです。

生徒にとっても、お正月授業はイヤイヤ言いながらも少し特別な時間。

ぜひ積極的に参戦してみてください。

 

 

終わりに

いかがでしたか?

塾講師のアルバイトをしてみたいという方の参考になれば幸いです。

お読みくださって、ありがとうございました。

コメント