生徒に嫌われている・なめられていると…教室は地獄です

塾講師の苦労・やりがい

こんにちは(^^)

生徒からの支持率調査」や「生徒を上手く叱るのは本当に難しい」で、生徒との関係性について少しだけ触れました。

 

では、生徒に嫌われていたり、なめられていたりすると、授業中はどんな様子なのでしょうか…?

 

大変お恥ずかしいのですが、私の実体験をお話ししようと思います。

 

 

中学1年生のあるクラス

新卒時代に最も苦労したクラスでのエピソードです…

当時の私はあまりにも力不足で、本当に情けない。

そのクラスの生徒たちには今でも申し訳なかったと思っています。

 

学習塾では習熟度によって(要は成績順)クラスを分けていることが多いです。

学校との大きな違いの一つですね。

(学年の生徒数が少ない場合は1クラス)

 

私が苦戦したのは、ある校舎の中学1年生。

2クラスに分けられていて、その成績下位の方のクラスでした。

(注:成績下位には問題児が多いという話ではありません。成績優秀なのに性格や素行に問題アリアリの子もいます)

 

 

クラスの状況

そのクラスの担当者は以下の通り。

 

国語・英語・・・中堅(男性)

数学・・・ベテラン(男性)

理科・・・ベテラン(男性)、この校舎の塾長

社会・・・新卒の私(女性)

 

塾業界は男性の方が多いですが、できるだけ5教科の担当者全て男性にはならないようにします。

女性の先生の方が話しやすいという生徒もいるからです。

私以外は安定感のある男性講師が揃っており、バランスは取れている感じがしますね。

 

しかし…他の先生の授業のときは生徒たちは大人しくして、私の授業のときだけしっちゃかめっちゃかという状態になってしまったのです。

 

当時の私はスキルもなければオーラもない。

アイスキャンディーの如くなめられまくり。

 

私が一生懸命説明していても、生徒たちが好き勝手にしゃべっていて騒がしくなってしまいます。

毎回、何度も授業を中断しておしゃべりをやめさせなくてはなりませんでした。

そして一旦静かにさせても、数分もたず…

 

授業を真面目に受けていない生徒を叱りつけても「先生怒ってるよ~(にやにや)」という雰囲気。

「叱る」以外にもあの手この手を試しましたが、まるで効果なし。

(あえて笑顔を貫く、悲しんでみせる、授業を妨害する生徒と仲良くなろうと試みるなど)

 

生徒側に全く問題がないわけではありません。

しかし、面白い授業もできず、生徒をまとめる力のない私の責任です。

そのクラスの生徒たちは、私が不甲斐ないせいで塾長に「何で(私)先生の話をちゃんと聞かないんだ。一生懸命やってくれているだろう!」といつも叱られました。

 

私自身ももちろん毎回塾長に叱られていました。

「本気の叫びなら生徒に伝わる。伝わらないのはお前が本気じゃないからだ。まだ自分が可愛いのか!お前のせいで生徒たちが叱られているんだぞ!」

とにかく現状をどうにかしなくてはという思いはあれど、生徒が可愛いのかどうか、自分が本気なのかどうか、もはやよく分らなくなっていました。

だって、生徒に会いたいと思えない。授業をしたいと思えない。

ただひたすら辛くて、今日は少しでもマシに終わりますように…と願う日々でした。

 

 

生徒たちの授業妨害

ある日の授業のはじめ、私がそのクラスの教室に入ると、後方の席の生徒たち3人が私にこう言ってきました。

 

「先生、蛍光灯がチカチカして目が痛いです」

 

確かに彼らの席の上にある蛍光灯はだいぶ古くなっているようでした。

しかし、チカチカしていると言われればしているような…いや、してなくない?という程度で、目が痛くなるような点滅ではありません。

彼ら3人以外は平然としています。

 

私は「分かった。次の授業の日までには交換しておくから」と言いましたが、生徒たちは引き下がりません。

3人そろって「目が痛くて無理です。我慢できません」と訴えてきます。

 

彼らは私に嫌がらせをしようとして、わざと言っているのです。

私の授業の前に、塾長の授業があったでしょう?

そのときにはそんなこと言わなかったでしょう?

それが分かっていても「痛いです」と言われると無視するわけにもいかず、私は困り果ててしまいました。

 

こんなことに時間を取られていると、授業を予定しているところまで進められなくなってしまいます。

また、真面目な生徒はただ黙って待っていることしかできないので、時間(と授業料)が無駄になって非常に申し訳ないです。

 

結局どうしたのか、実は覚えていません。

今日だけ我慢してと言っても「無理です」と言うので、席を移動させたんだったかなぁ…

 

移動させるなら最初にサッサと移動させてしまって取り合わないか、授業を妨害しようとしているその行為を叱るか、どちらかにするべきだったかなと思います。

でも、完全に屈していますね…

 

 

生徒に笑いものにされる

先ほど書いた「先生怒ってるよ~(にやにや)」もそうですが、私はこのクラスの生徒になめられていたので、よく笑いものにされました。

 

私は社会科(中1は歴史と地理)を担当していました。

ある日、平安時代について授業をしていたときのこと。

 

「古今和歌集」という言葉を皆さんは覚えていますか?

平安時代の文化で覚えなければいけない用語の一つですね。

 

その言葉を授業で出したところ、生徒たちが笑い出したのです。

「『コキン』ってww 先生、何そんな恥ずかしいコト言っちゃってるのwwww」と。

別に恥ずかしい言葉でも何でもないし、授業で出さないわけにいかないのに、生徒たちはずっと笑っている。

 

これを軽くあしらうか、一緒に笑ってしまえるくらいの余裕があれば…というかなければいけないのですが、当時の私はただただ必死になるだけでした。

彼らの思うツボ。

 

真面目な生徒が耐えかねて、私の授業が終わった後、塾長に「(私)先生の授業のとき、いつも○○くんたちがうるさくて…」と訴えに行っていたこともありました…

未熟な私が担当でごめん、頼りにならなくてごめん、と心の中で謝るしかありませんでした。

 

生徒たちからの評価

生徒アンケート(講師の支持率調査)の結果は、そりゃあもう悪かったです。

授業も面白くない(というかまともに授業できていない)、クラスはまとめられない、いつも怒ってばかり。

 

成績上位の方のクラスも、決して支持率が高かったわけではありませんでした。

むしろ下位クラスより多少マシなだけで、低かった。

騒いだりする生徒がいなかっただけで、私の授業が面白くないことには変わりなかったのです。

 

本来、礼儀正しい生徒が多い校舎でした。

塾長は怒るとめちゃくちゃ怖い先生でしたし、挨拶からしっかり指導していたからです。

それなのに、私が教壇に立つとこの有様よ…

 

加えて、その下位クラスの中の、私の授業をいつも妨害していた男子生徒3人が、中1のうちに塾を辞めてしまいました。

私が担当していた社会以外も、宿題をやらない、学校の成績が一向に上がらないなどの問題がありましたが…

私が彼らに何かしてあげられただろうか?

何か一つでも彼らの役に立てただろうか?

私が「本気」になっていたら、何か違ったのだろうか?

 

ひたすら自分の至らなさを嘆くばかりでした。

 

 

終わりに

いかがでしたか?

こんな状態でも、このクラスと顔を合わせるのは週に1回だけだったので何とかやっていけました。

同じ生徒に毎日会う学校のクラス担任の先生は、本当に大変だと思います。

 

その後、少しずつ経験を重ね、難アリのクラスにも立ち向かえるようになっていきました。

このクラスで私が生徒たちにしてあげられなかったことを、次に担当するクラスではしてあげられるようにならなくちゃ、と思いながら。

それが未熟な私の犠牲になってしまった生徒たちへのせめてもの謝罪であり、塾講師として成長させてもらったお礼です。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

コメント